月刊マテリアルフロー 2020年11月号

¥1,980

特集//成長が続く物流不動産市場の最前線
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
大型物流施設の建設が相次ぐ中,入居率が高水準で推移し,近年,活況に沸き続ける物流不動産市場。この市場では,物流不動産企業による賃貸仲介サービスやデベロッパー事業のほか…

在庫1個

説明

特集//成長が続く物流不動産市場の最前線
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
大型物流施設の建設が相次ぐ中,入居率が高水準で推移し,近年,活況に沸き続ける物流不動産市場。この市場では,物流不動産企業による賃貸仲介サービスやデベロッパー事業のほか,物流施設の賃貸あるいは売買収入を収益源として着目した不動産投資信託 (REIT)を提案する物流不動産投資法人が活発に事業を展開している。一方,新設の物流拠点では最新システム導入により,物流業目下の課題である人手不足や労働環境などの改善が進んでおり,物流拠点整備が物流業の優勝劣敗を分ける可能性が出てきた。また,EC市場の急拡大に伴い,迅速な商品配送体制の確保と機動力のある倉庫機能保持の観点から,消費地に近い位置での物流拠点ニーズが高まり,都市圏内での物流拠点開発も進みつつある。今後の物流業の経営戦略において,物流不動産企業とのパートナーシップは従来以上に重要な意味を持つ。そこで今月号では物流不動産市場に着目した特集を組み,グローバル最大手のCBRE,国内大手の大和ハウス工業,IoTを生かした「物流不動産ビジネス」を掲げるイーソーコグループの3社に取材した。それぞれが認識する物流不動産市場の現状と先行きに対する展望,自社の取り組みや計画などについて,以下紹介する。(編集部)
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

■特集
[CBRE]
産業構造の変化でさらなる効率化や高度化が求められる物流施設
◎国内大型施設の需要は堅調に推移

[大和ハウス工業]
“地方に強い大和ハウス工業”の秘密 競合と一線画すゼネコン開発力で優位に
◎サプライチェーン分析で地方創生を核にした物流センターを構築

[イーソーコグループ]
独自人材教育とIoT活用を武器に “物流不動産ビジネス”拡大を加速
◎ニューノーマル下での変化に対応

■企画
[旬のマテリアルフロー 189]
最新鋭MH&ロボットの導入で工程70%の自動化を実現
◎アズワン(株)

[クローズアップ]
《Part1》キーパーソン対談|Rapyuta Robotics/Qvou
世界初のクラウドロボティクス・プラットフォームが巻き起こす物流拠点革命
T
《Part2》「AMR」導入事例|日本通運
協働型ピッキングソリューションの本格稼働で波動対応を強化

[対談シリーズ|リテール物流 4]薬王堂
オープンな信頼関係が物流危機克服への道
◎新風巻き起こす若きドラッグ幹部が目指すリテール物流の未来

[MFスポットライト]PALTAC×薬王堂×ユニ・チャーム
製配販でサプライチェーン全体のコスト共有が最大のハードル
◎キャリーを活用した一貫ユニットロード化改善事例

[ASLF2020オンライン版告知]
アジア・シームレス物流フォーラム2020 ASLF初のオンライン版でいよいよ開催!

[統計調査]
物流ロボティクス,AGV/搬送ロボット,フィールドワーク支援ソリューション市場調査結果を紹介
◎新型コロナ禍の影響はジャンルごとに明暗も

[NEWS Special]
花岡車輌,JR高輪ゲートウェイ駅で実証実験AGVを披露

■連載
[システムの眼Ⅱ]52
システムをめぐる人々との縁(4)
早稲田大学 名誉教授/高橋輝男

[5分で読める教養講座 74《おススメ書籍》ひとくちガイド]
世界地図を読み直す?協力と均衡の地政学(新潮選書)/吉田茂 ポピュリズムに背を向けて?「宰相の器」とは?(講談社)/なぜ、男子は突然、草食化したのか?統計データが解き明かす日本の変化(日本経済新聞出版社)
小泉事務所 代表/小泉 豊

レビュー

レビューはまだありません。

“月刊マテリアルフロー 2020年11月号” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。