株式会社富士製作所

〒530-0041 大阪市北区天神橋2-3-8
TEL.06-6948-6411 FAX.06-6948-6413
http://www.fuji-bearing.com
eigyo@fuji-bearing.com

● 企業概要
 新分野への挑戦と変革を恐れぬDNAで100年企業へ

●創業からトップメーカーへ
 FUJIは1939年に大阪市東成区でライターと魔法瓶の製造をスタートして以来、創業80年。ベアリング用保持器の製造をきっかけに、今や“産業の米”といわれるベアリングに未来を託し、プレスベアリングの製造へと事業転換した。70年にはスイスのマテハンメーカーであるインターロール社と販売契約および技術提携を皮切りに、輸出入業務を開始し世界への挑戦が始まった。その後、材料、部品、製品の搬送など生産物流工場や流通物流倉庫の自動化ラインのマテハン業界において、なくてはならない“回転”を担うベアリングとコンベヤコンポーネントのスペシャリストになり、トップメーカーとしてポジションを確立した。

●生産性革新は無限
 製造と販売が一体となったシステムとルールを設定し、無駄を徹底的に排除する“製販同期化経営”を確立。更に自社開発のLCA(ローコストオートメーション)の導入によって、プレス、旋削による部品加工から洗浄、組立、検査、梱包、出荷まで、一貫した生産体制を構築するに至った。また、金型製作や設備開発のノウハウを活かし、自動化・高品質・生産改善を追求することで良品を担保する。

●真の国際標準化企業へ
 本社は大阪市北区に置き、本部機能・生産拠点は三重県伊賀市へ集中させる一方、世界の品質基準にも適合するプレシジョンベアリングを中国現地で調達・販売。2018年には上海、19年にはシンガポールに現地法人を開設することで、ワールドワイドにビジネス展開し「世界調達・世界販売」を加速させる。

●進歩を止めない、変革を恐れないFUJI
 課題のないところに進化はない。革新を怖れる企業に未来はない。
FUJIは創業以来、そんな理念を忘れることなく、マテハンの世界でイニシアティブを取り続けてきた。80年以上にわたる変革への精神は、開発・設計スタッフはもちろん、生産・技術・営業・総務スタッフにまで深く浸透。さらにFUJIのDNAとして、脈々と受け継がれている。これからも全社員一丸となり新分野の事業を伸ばし常に新しい挑戦を続けることが、次の100周年、200周年につながる基礎をつくり企業存続の術であると信じて歩んでいる。

 役員一覧
職名 氏名
代表取締役社長 村上吉秀
常務取締役営業部長 神﨑幸次
取締役経営企画室長 杉山和史
監査役 森田昌宏

■主要製品
プレスベアリング、プレシジョンベアリング、コンベヤコンポーネント

■資本金
5,000万円

■主要株主
村上吉秀

■取引銀行
三井住友銀行今里支店、りそな銀行上六支店、北伊勢上野信用金庫緑ヶ丘支店、商工組合中央金庫船場支店、百五銀行上野支店

■従業員数
70名

■決算
12月

■設立年月日
昭和31年9月26日 創業年月日 昭和14年6月

■主要工場名
伊賀工場

■主なユーザー
㈱メイキコウ、㈱ダイフク、オークラ輸送機㈱、㈱日伝、セントラルコンベヤー㈱、三機工業㈱、㈱マキテック、トラスコ中山㈱、㈱落合、三鈴工機㈱、マルヤス機械㈱、光陽自動車㈱、全日空モーターサービス㈱、ホクショー㈱、トーヨーカネツソリューションズ㈱、㈱岡本工機、㈱TOK、シシクSISIKUアドクライス㈱、㈱ユーエイキャスター、㈱ヤノテック、太陽工業㈱、テクノタカギ㈱、ミズショー㈱、インターロール・グループ他(順不同敬称略)

■関連会社
1)風司(上海)貿易有限公司
2) FUJI SEISAKUSHO SINGAPORE PTE.LTD.

■事業品目
搬送用機器部品製造販売

■年商
14.5億円

■事業別売上比率
プレスベアリング85%、コンベヤコンポーネント15%

■主要支店・営業所 住所・電話
営業本部 〒518-1403 三重県伊賀市炊村3108 TEL.0595-46-0777 FAX.0595-46-0711
伊賀工場 〒518-1403 三重県伊賀市炊村3108 TEL.0595-46-2211 FAX.0595-46-0101