[最新ニュース] その他

SBSグループドライバーコンテスト開催

2019/11/26

SBSグループは11月16日、ドライバーの安全知識と運転技術の向上、グループ全体への安全意識の啓発を目的に姉崎自動車教習所で第4回ドライバーコンテストを開催した。

同グループでは、事故なき社会・事故なき物流企業を目指し、グループ全体を対象にしたドライバーコンテストを2016年より毎年開催。今回は昨年SBSグループに加わったSBSリコーロジスティクスの選手が初参加したほか、北海道から九州まで物流事業を営むグループ会社の男女合わせて29名の選手を迎え、代表の鎌田正彦をはじめ、各社の役員、所属長や同僚など総勢217名が参加する過去最大の規模となった。

競技は、
(1)日常点検(350点)
(2)学科(250点)
(3)運転(400点)
の合計1,000点となる3種目で構成され、熱闘の末にSBSリコーロジスティクスの近藤昇太郎選手が優勝した。

同社は今年6月28日、京葉自動車教習所および姉崎自動車教習所の株式を取得。これら2つの教習所では、従来通り一般の教習生を受け入れるとともに、SBSグループ従業員の安全教育を体系的かつ恒常的に実施する施設として機能整備を進めている。

●SBSグループドライバーコンテストの模様と成績

|↑一覧に戻る|