[最新ニュース] IT・マテハン

TIACT、KCCSの位置管理サービスを導入

2019/11/27

東京国際エアカーゴターミナル(株)(TIACT)と京セラコミュニケーションシステム(株)(KCCS)は11月27日、東京国際空港(羽田空港)内のドーリ位置管理のため、11月にTIACTがKCCSの提供するグローバルIoTネットワーク「Sigfox」を活用した位置管理サービス「IoT Tracker」を正式導入したと発表した。

TIACTが利用するドーリは航空機に搭載するコンテナやパレット等の貨物を運搬するための台車で、空港内で24時間365日荷役に活用されている。広大な敷地内には他社のドーリも多数存在し、ドーリーが必要な状況で台数が不足するなど、従業員はその管理に多くの工数を費やしていた。これらの課題に対して「IoT Tracker」は、電池交換不要でデバイスの長期稼働が可能、 通信料を含めたシステム使用料金の低廉化が可能、利用者による専用ネットワーク構築が不要といった特長を持つため、広大な敷地内で長期間にわたって使用するドーリ管理の要件を満たすことができ、今回の導入に至った。

●「IoT Tracker」概要
「IoT Tracker」はKCCSが提供する資産の位置管理サービスで、対象資産にSigfox対応の各種IoTデバイスを装着することで、デバイスから送信される位置情報をMAP上に可視化。位置測位方法はGPS、Atlas Native(Sigfox基地局をベースにした位置測位サービス)、 Atlas WiFi(Sigfoxが提供するWi-Fi測位サービス、2019年12月提供 開始予定)、Google Geolocation API(Googleが提供するWi-Fi測位サービス)等の複数の方法に対応している。
 
●「IoT Tracker」の主な機能
・ジオフェンス機能
・アクティビティ
・移動履歴
・アラート
・外部システムとの連携

●「IoT Tracker」詳細
https://www.kccs-iot.jp/solution/product/platform18/

●デバイスを取り付けたドーリ(上)、「IoT Tracker」画面イメージ(下、登録登録デバイスの移動履歴表示) 

|↑一覧に戻る|