[最新ニュース] グローバル

三井不動産、初の海外物流施設はバンコク2物件

2019/04/26

三井不動産(株)は4月26日、タイ三井不動産(株)(所在地:バンコク)を通じて、タイ・バンコクにおいて物流施設事業に参画することを決定し、Frasers Property(Thailand)Public Company Limited(Frasers)の子会社Frasers Property Industrial(Thailand)Company Limitedと共同事業契約を締結したと発表した。

同事業は三井不動産グループ初の海外における物流施設事業で、総事業費は2物件合計で53億タイバーツ(約185億円/1バーツ=3.5円)、同社グループの事業シェアは49%となる。日系企業の海外展開の一助となるべく、今後も海外において更なる事業機会獲得を目指す。

同事業は2つの施設から構成される。1施設目「バンパコン」はバンコク東部、バンナー高速道路出入口に近接した立地。バンコク市内はもとよりスワンナプーム空港、タイ最大のレムチャバン港へのアクセスも良好なほか、東部経済回廊(バンコク東部3県を対象とする経済特区)内に位置する。2施設目「ワンノイ」はバンコク北部、バンコク市内とメコン圏諸国(ベトナム、ラオス、ミャンマー)とを結ぶ結節点の立地。周辺には大規模工業団地や総合卸売問屋が多数存在し、日系製造企業が集積するエリアに位置する。

共同事業者のFrasersはタイ最大級の財閥の1つ、Thai Charoen Corporation Group(TCC)のグループ会社で、タイの物流施設開発で多数の実績のあるデベロッパー。
 
●タイ・バンコクでの物流施設事業のポイント
・タイ バンコク東部および北部において2物件の物流施設の開発を決定。2020年第一期開業予定。
・海外事業においてオフィスビル、商業、住宅、ホテルに次ぐ新たなアセットに取り組み、総合デベロッパーとしてさらなる事業展開拡大へ

●施設の位置

|↑一覧に戻る|