[最新ニュース] IT・マテハン

タナックス、独自の自動包装システムを開発

2018/02/05

(株)タナックス物流ソリューション事業部は2月5日、3辺自動切出し製函封函機の新製品「TXP-600」を開発したと発表した。

通販業・製造業の包装現場で多種多様な形状の商品をそれぞれジャストサイズの段ボール箱で自動スピード包装を行う。

流れ方向に連続する蛇腹状の段ボールシート「PATADAN」を材料とし、1時間当たり最大600個の高い生産性を実現。ジャストサイズの包装によって緩衝材削減や輸送効率向上のメリットが得られるほか、段ボール包装の作業を自動化でき、作業時間の削減を実現する。

●基本仕様
箱形式:ラップラウンド形式(A式横置き型)
箱サイズ(予定):min L240×B220×H100mm~MAX L600×B600×H400mm
マシンサイズ(予定):幅2.2m×長さ18m×高さ2m
処理数:1時間当たり最大600箱(条件により変動)

なお、同製品は2月13日と14日(10時~17時)に東京ビッグサイト(西3・4ホール)で開催されるイ―コマースフェア2018東京に出展する。「TXP-600」に関する問い合わせに対応するほか、ボックスオンデマンドの実機デモも随時実施。同社のブースは、今回新設となるスマート・ロジスティクスエリア内「F-21」。

3辺自動切出し製函封函機「TXP-600」プロトタイプイメージ

|↑一覧に戻る|