[最新ニュース] IT・マテハン

トヨタL&F、自動倉庫「ラックソーターP」をフルモデルチェンジ

2018/01/18

(株)豊田自動織機・トヨタL&Fカンパニーは1月18日、ユニット式パレット用自動倉庫「ラックソーターP」をフルモデルチェンジし、同日より全国40社のトヨタL&F取扱店を通して発売を開始すると発表した。

新型「ラックソーターP」は、新たに「制振制御機能」を搭載。クレーン走行時のマストの揺れを軽減することで、停止するまでの待ち時間を大幅に短縮。サイクルタイムを従来製品比で約10%向上した。また、クレーンの減速・下降時に発生する運動エネルギーを回生電力として走行モーターで再利用する技術も新たに採用。エネルギー効率も同約10%向上した。

これにより、近年のEC市場拡大に伴う大型物流倉庫の新設や、労働者不足等を背景に物流現場の効率化や自動化の現場ニーズに応える。

●製品仕様
型式      最大荷重 (kg)    ラック全高 (mm)
5 ASP 6 ………………1,000…………………2,000~6,000
5 ASP 9 ………………1,000…………………~ 9,000
5 ASP 12 ………………1,000…………………~12,000
5 ASP 15 ………………1,000…………………~15,000

5 ASP 6-15 ……………1,500…………………2,500~6,000
5 ASP 9-15 ……………1,500…………………~ 9,000
5 ASP 12-15……………1,500…………………~12,000
5 ASP 15-15……………1,500…………………~15,000

5 ASP 6-20 ……………2,000…………………2,500~6,000
5 ASP 9-20 ……………2,000…………………~ 9,000
5 ASP 12-20……………2,000…………………~12,000
5 ASP 15-20……………2,000…………………~15,000

価格:オープン価格
クレーン本体に、ラック・施工費などを加えたシステム一式にて販売。
新型「ラックソーターP」

|↑一覧に戻る|