東陽木材興業株式会社

〒135-0042 東京都江東区木場2丁目17番13号第2亀井ビル1階
TEL.03-6737-8131㈹ FAX.03-6737-8135
http://www.toyo-m.jp

● 企業概要
 昭和21年7月、戦後の都営住宅復興のため、東京都建設局の指定工場として、東京都江東区東陽に初代社長・白澤茂が創設した。昭和27年より、一般建築用材のほか、電線用ドラム用材を扱うようになるが、当時ドラム用材を扱う業者は皆無の状態であった。そこでドラム用材の重要性を痛感した当社は、率先して工場の機能を切り替えドラム用材の専門工場として、また各電線会社の指定工場として新発足した。
 昭和50年代に入り流通機構の変革により、パレチゼーションが急速に発達し、パレットおよび梱包材の需要が大幅に増加した結果、国内材のみの供給では補いきれなくなる。必然的にそれまであまり利用されなかった南洋材の硬木、雑木などが、ドラム用材、パレット、梱包用材に最適である点に着目し、他社にさきがけて南洋材を、これらの用材として採用することに踏みきった。そして昭和51年9月、東京都江東区新木場に移転し、新鋭大型設備による量産体制を確立した。
 昭和56年、パレットおよび物流機器部門を独立させ、物流事業部を設立。さらに昭和63年、千葉県市原市にパレット工場を新設し、アメリカ製・VIKINGパレット自動釘打機を導入。平成元年6月には東京・物流事業部パレット工場へもVIKING製の新型機を導入、さらに平成4年12月、群馬県館林営業所を開設し、北関東地区へのサービス強化を図った。流通合理化が産業界全体のテーマになっている今日、材料は現地より直接輸入し、仕組、加工、販売と、一貫システムで供給することが同社のモットーであり、近年はパレット回収・リサイクル事業にも進出し、再生パレットの製造販売もおこなっている。

 役員一覧
職名 氏名
代表取締役会長 白澤 昭
代表取締役社長 山﨑和彦
監査役 土田恵一

■主要製品
リサイクルパレット・木材販売・電線用ドラム用材、パレット製造販売・物流機器(サポーター、ラック、その他)梱包資材販売

■資本金
1,000万円

■取引銀行
商工組合中央金庫、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行

■従業員数
27名

■決算
6月

■設立年月日
昭和21年7月19日

■主要工場名
石岡工場、千葉北工場、館林営業所

■主なユーザー
古河電気工業、古河物流、三井倉庫、ロジス・ワークス、住電資材加工、藤倉電線、通信興業、富士電線、花岡産業、樽谷包装産業、日本通運、日通商事、日本パレットレンタル、三菱倉庫、阪和工材、ニチレイ、太洋工業㈱、神東塗料、東亜産業、大和鋼帯、ユーピーアール

■関連会社
東葛運送株式会社
(古河電気工業㈱専属運送請負・構内作業請負)
日本パレットレンタル株式会社
(パレット・物流機器のレンタル)

■年間売上高
6億円

■主要支店・営業所 住所・電話
本社 〒135-0042 東京都江東区木場2丁目17番13号第2亀井ビル1階 TEL.03-6737-8131㈹ FAX.03-6737-8135
千葉北営業所 〒284-0008 千葉県四街道市鹿放ヶ丘222-4 TEL.043-421-3821 FAX.043-421-3660
館林営業所(JPR内) 〒370-0718 群馬県邑楽郡明和町大輪2454-1 TEL.0276-84-5424 FAX.0276-84-5425