MFオンライン

ロジスティクス技術[LT]を具体化し、サプライチェーンの全体をトータルにフォロー。現場・人間という足場の上で ITを使いこなし、改善・改革を推進するためのヒントを毎月お送りする「マテリアルフロー」。

月刊マテリアルフロー 2019年5月号

【特 集】

アジア・シームレス 物流の未来展望 〈コネクト(つながる)〉へのテクノロジー&サービス

【目次紹介】

特集//アジア・シームレス 物流の未来展望 〈コネクト(つながる)〉へのテクノロジー&サービス
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
中国を中心とする東アジアからASEAN諸国へ,アジアはその成長エリアをじわじわと移動しながら確実に拡大させている。グローバル化の動きと保護主義的な動きが拮抗しているかに見える昨今だが,アジア地域における国境を跨いだシームレスな物流ニーズは加熱の一途。我が国製配販と物流企業には,その先端的なテクノロジーとノウハウの投入による地域物流近代化への貢献が期待されている。「アジア善隣物流」をメインコンセプトに掲げ,アジアのシームレ ス物流に向けた取り組みの象徴として定着した「アジア・シームレス 物流フォーラム( ASLF)」(日本マテリアルフロー研究センター主催,本誌・流通研究社企画運営)の第8回開催を記念する今回の特集では,まず,フォーラムの後援団体でもある国土交通省,経済産業省の両省キーマンを直撃。続いてASLF企画・実行委員会の歴代重鎮による座談会で「サプライチェーンの全体最適」へ向けた,現状打破へのアグレッシブな提言をお届けする。(編集部)
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

[政策インタビュー①/国土交通省]
グローバル化とアジア物流連携を進める取り組みと近未来展望 カギ握るコールドチェーン,シベリア鉄道 国土交通省
◎松本年弘物流審議官

[政策インタビュー②/経済産業省]
先進技術の活用で「革命的変化」,物流シームレス連携で競争力向上 EC物流,スマート物流,自動化と国際連携
◎経済産業省 島田勘資大臣官房審議官(商務・サービス担当)

[テーマ座談会]
サプライチェーンの全体最適へ,産官連携・企業協働で壁を破れ!
◎アジア・シームレス物流フォーラム(ASLF)企画・実行委員会 飯原正浩第2,3代委員長,松浦 学第5,6代委員長,JMFIシェアリング・ロジスティクス研究会 恵谷洋リーダー,(株)流通研究社代表取締役社長/本誌編集長 菊田一郎

[ASLF2019直前情報]
いよいよ開催 アジア・シームレス物流フォーラム2019
まだ間に合う! セミナープログラム完全ガイド

[旬のマテリアルフロー 171]
多彩なコンテナメニューの開発で生産者や産地の輸送需要をカバー
◎日本貨物鉄道(株)

[現場事例 2]
ロボットを見上げる感覚は水族館,工場内物流の集約で工程革命
◎ファナックパートロニクス

[オートストア・最新技術]
搬送ロボットがさらに進化,新シリーズ“Black Line”で能力アップ!
◎高パフォーマンスを求める物流施設に最適解

[スペシャル対談]
コネクテッド・ロジスティクスの実現へ,デジタル技術で人と企業をつなぐ/大塚倉庫の新たなチャレンジと未来
◎職業能力開発総合大学校・圓川隆夫大学校長×大塚倉庫(株)・長一彦社長
 
[トップインタビュー 1]岐阜プラスチック工業
物流高度化・持続可能な発展にプラスチック物流資材で貢献 「第3の創業/創発3.0」で進展する社内改革
岐阜プラスチック工業(株)・大松栄太社長

[トップインタビュー 2 ]タクテック
ピック〜梱包までのトータルソリューションを軸に3本の柱で“強い会社”を作る
◎(株)タクテック・侘美好則代表取締役会長/山崎 整代表取締役社長

[MFレポート ]
Panasonic物流セミナー・メディセオ基調講演
◎自動化・省力化を追求し真のSCM目指す物流戦略に注目

[MFレポート特別編]
香港開催・第 8回「ALMCアジア物流・海運会議」報告
◎アジアサプライチェーンの連携によるビジネスチャンス/小売新時代における物流とサプライチェーンマネジメントの変革

--------------------------------------------------------------------
●連載企画

[ロジスティクスセンター“きほんの き”]11
4.ロジスティクスセンターのフィジビリティスタディ(4)
◎ロジスティクスシステムコンサルタント/小柳浩二

[システムの眼Ⅱ]34
デジタルの時代
早稲田大学名誉教授/高橋輝男

[5分で読める教養講座 56 《おススメ書籍》ひとくちガイド]
近代日本150年(山本義隆)/上品の壁(佐高信)/日本の醜さについて(井上章一)
◎小泉事務所 代表/小泉 豊


​​