現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • マテリアルフロープラス トップ

2018年

12件の商品がございます。
  • NEW

月刊マテリアルフロー 2018年12月号

販売価格(税込): 1,944
特集//物流IoTをドライブ,RFIDが拓く未来
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
まだまだ疑心暗鬼の方も多かろう。10年余り前,あんなに実証実験をあちこちで繰り返したのに,なかなか本格的な普及の波に乗れなかったRFID。コストが高い,100%読めない,とできない理由ばかりが並べられ,このハードルを越えようとする企業は,確実に増加してきたとは言え・・・
数量:
  • NEW

月刊マテリアルフロー 2018年11月号

販売価格(税込): 1,944
特集//食品サプライチェーン高度化チャレンジ
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
「強い物流・ロジスティクス」の実現が社会的,国家的課題として認識されるようになった今,食品物流分野にも変化の波が押し寄せている。
数量:
  • NEW

月刊マテリアルフロー 2018年10月号

販売価格(税込): 1,944
特集//物流ラストマイル
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
いわゆる物流クライシスは,実際にはB2B/B2Cの両面に波及している。だが一般消費者にとっては身近な,B2Cへの影響が浸透してようやく,物流関係者の危機感が社会でも共有されてきた。すなわちラストマイル問題である。
数量:
  • NEW

月刊マテリアルフロー 2018年9月号

販売価格(税込): 1,944
特集//物流自動化・働き方改革
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
重いものを運ぶ,深夜に運ぶ,山ほど運ぶ,たくさん歩く……物流現場での人手依存作業が今や,危機に瀕している。働き方改革で労働時間短縮と環境整備が求められる一方,時給を上げても人がなかなか集まらない……。ならば打つ手は?
数量:
  • NEW

月刊マテリアルフロー 2018年8月号

販売価格(税込): 1,944
創刊700号記念特別企画②//つながりあう物流――シェアリング・ ロジスティクス
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
前号の創刊700号記念特別企画①に続き,第701号となる今回は,「コネクト」に続く本誌のキーコンセプト「シェアリング」に焦点を当て,特別企画②をお送りします。
数量:
  • NEW

月刊マテリアルフロー 2018年7月号

販売価格(税込): 1,944
創刊700号記念特別企画①//つながりあう物流――コネクテッド・ロジスティクス
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
本誌は1960年の創刊以来(「生産と運搬」として出発,85年~96年は「無人化技術」),今月号をもって通巻700号の佳節を迎えることができました。
数量:
  • NEW

月刊マテリアルフロー 2018年6月号

販売価格(税込): 1,944
特集//次世代メディカル・ロジスティクス
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
今わが国の医薬品業界は,少子高齢化など人口動態,総医療費抑制政策の影響などで,大きな経営環境変化に直面している。加えて,間もなく発出予定の日本版GDPガイドライン(詳細は本文を参照)の登場により,物流過程にも国際基準による厳しい温度・品質管理が求められることになる。
数量:
  • NEW

月刊マテリアルフロー 2018年5月号

販売価格(税込): 1,944
特集//アジア・シームレス物流の本格展開
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
アジア市場の成長が続く。国内では人口減少社会での市場縮小が徐々に進む中ではあるのだが,アジア全体で見れば市場はむしろ拡大している。わが国の地政学的位置の有利さ(逆の地政学的リスクもあるのだが)に,先進諸国は垂涎の思いであるに違いない。
数量:
  • NEW

月刊マテリアルフロー 2018年4月号

販売価格(税込): 1,944
特集//働き方改革と物流人材教育
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
優秀な人材をいかに確保し・育て・維持し・戦力化するか――今や 企業にとって,労務・人材教育は死活的な経営課題となっている。人手不足に見舞われる物流関連部門にとってはなおさらで,政府の「働 き方改革」推進で職場環境改善もマストの問題となる中,各社は試行錯誤を続けている。
数量:
  • NEW

月刊マテリアルフロー 2018年3月号

販売価格(税込): 1,944
特集//リテール・EC物流ホットトレンド
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
リテール物流では今や,通販・ECの加速度的伸張にリアル店舗側がECを連携して対抗する図式に加え,EC側でもリアル店舗を絡めた新展開を探るという,正逆両側からの「オムニチャネル化」が進展しつつある。ボーダレス化する両陣営とも,カナメとなる物流機能・仕組みの革新に励んでいるのが現状だ。
数量:
  • NEW

月刊マテリアルフロー 2018年2月号

販売価格(税込): 1,944
特集//物流・流通IoT+ICT
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
[キーマン直撃/経済産業省]「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」
実行へ,何が今必要なのか●課題を乗り越えサプライチェーン
変革にチャレンジ/消費・流通政策課長 林 揚哲氏 [NEC]IoT/
AIを物流・ロジスティクス革新に具体化,ARの実用提案も
数量:
  • NEW

月刊マテリアルフロー 2018年1月号

販売価格(税込): 1,944
特集//[新春特別企画]2018年のロジスティクス展望
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
今や産業界はもちろん,国民全体にも「物流危機」「物流がストップ
したら大変だ!」の認識が行き渡りつつある。社会生活・産業を支え
る物流の役割がここまで顕在化されたのは,歴史的な
数量: