• NEW
商品コード:
184

月刊マテリアルフロー 2020年07月号

販売価格(税込):
1,980
関連カテゴリ:
マテリアルフロー > 2020年
特集//ホワイト物流の実践と現実
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
ホワイト物流の言葉が業界内外を駆け巡ってから1年が経過したこのタイミングで,取り組みのこれまでを振り返り,また未来の展望を見据える。当初はそのような思惑で年間計画に盛り込まれた今月号の特集だが,物流,そして世界を取り巻く状況は新型コロナウイルスの影響で様変わりし,そもそも1年の節目で,シチュエーションを捉え直すことが果たして適切なのかどうか,問い直される局面があったことも事実である。その上で組まれた本特集を読んでいただくと,むしろ, コロナ禍であるからこそ,ホワイト物流そしてその先のサスティナブルなサプライチェーンの構築に向けて,生産性向上の取り組みの必要性は一層際立ち,またこの取り組みへのスタンスが「企業それ自身の持続可能性」までも占えてしまう,リトマス試験紙的な意味合いがあるという,新時代の常識に迫ることもできた。その厳しい認識に立てば,5月末時点で978の賛同企業数を達成したという事実に安穏として,改革の歩みを止めることはできない。自分の会社が10年後に存在できているために,今,何を変革しなければならないのか,この重い課題に正面から向き合う姿勢が,すべての企業に求められているのではないだろうか。(編集部)
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

■特集
[国土交通省]
900超える賛同企業に感謝も,見据えるゴールは遥か先に
◎国土交通省 自動車局総務課企画室 企画室長 星明彦氏

[味の素/サンスター]
持続可能な物流実現に向け改革の“次の一手”に期待
◎味の素(株) 上席理事 食品事業本部 物流企画部長 堀尾仁氏×サンスターグループ 日本ブロック ロジスティクス担当理事 荒木協和氏

[キーマン・インタビュー ]
荷主をどこまで巻き込むかがホワイト物流の真価
◎(株)日通総合研究所 プリンシバル コンサルタント 金澤匡晃氏

[キーマン・インタビュー ]
サプライチェーンの効率化を阻む最大のハードルは商慣行
◎流通経済大学 流通情報学部 教授 矢野裕児氏

■企画
[旬のマテリアルフロー 185]
完全定額制ソーティングロボットシステム導入で空間有効活用を実現
◎(株)富士ロジテック・ネクスト/プラスオートメーション(株)

[新社長インタビュー]
急拡大するニトリ物流への対応と外販事業拡大への挑戦
◎(株)ホームロジスティクス・柳川弘之代表取締役社長

[新対談シリーズ|リテール物流1]ラルズ
収益拡大と成長加速のためのネットスーパー事業への挑戦
◎アークスグループ物流責任者,変化する物流実態と新たな挑戦について語る

[新連載|物流現場とKPI 1]
持続可能な物流のためにデータ管理が不可欠な理由
◎学習院大学 経済学部 経営学科 教授 河合亜矢子氏×(株)KURANDO 代表取締役 岡澤一弘氏

[MF REPORT]
IoT Trackerでドーリー位置管理,羽田空港の貨物運搬を効率化
◎東京国際エアカーゴターミナル/京セラコミュニケーションシステム

[MFスポットライト ]ラストワンマイル協同組合
荷主の“原点回帰”がビジネスチャンス “物流の地産地消”へ向け邁進
◎ 新型コロナウイルスの影響でBtoCの潮流に変化

■連載
[ロジスティクスセンター“きほんの き”]25
6.ロジスティクスセンターのシステムレイアウトデザイン(5)
◎ロジスティクスシステムコンサルタント/小柳浩二

[システムの眼Ⅱ]48
ビッグデータをどう生かすか
◎早稲田大学 名誉教授/高橋輝男

[5分で読める教養講座70 《おススメ書籍》ひとくちガイド]
迷走する超大国アメリカ~負のスパイラルは止まらない(日本経済新聞社)/中国はなぜ軍拡を続けるのか~共産党独裁の「暴力異存」構造を解き明かす。(新潮選書)/弁護士の格差~「弁護士サバイバル」時代到来!(朝日新書)
◎小泉事務所 代表/小泉 豊
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。