現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • マテリアルフロープラス トップ
  • NEW
商品コード:
171

MHハンドブック 物流センターシステムの計画・構築・運用 (PDOハンドブック・改訂版)

販売価格(税込):
4,180
関連カテゴリ:
物流システム専門書
(一社)日本物流システム機器協会 推薦
Material Handling Handbook

---------------------------------------------------
(一社)日本マテリアルフロー研究センター MH研究会 編著

販売価格(税込):4,104円
発行日:2019年8月30日
発刊:流通研究社
B5版460頁

「失敗しない物流センター構築・運用」への必携書!
---------------------------------------------------
 今や「どんな時も、物流を止めない」物流センターの構築が、社会的・国家的課題となっています。しかし必要十分な設備、システムを適正な予算で作り上げ、効率的・持続的に運用することは容易でなく、「失敗事例」も散見されるのが実態です。
 本書は「物流センターシステムの計画・構築・運用」のため10年前に編纂された「PDOハンドブック」の改訂版として、コア技術であるマテリアルハンドリング(MH)を軸に、最新技術や直近のセンターシステム構築事例などを大幅に加筆・刷新。センター構築のコンセプト策定から計画・設計・分析、施工管理、保守まで8つのステップを辿ったうえで、入荷・入庫から検品・保管、出庫・出荷までの具体的な作業過程、そこで活用される各種のMH機器・技術、WMSなど情報システム、関連法規までをカバー(目次を参照)。各業界のセンター構築事例と合わせ、本分野唯一無二の総合ハンドブックになりました。
 ぜひ、座右の一書としてご活用ください。


●目次

第1章 物流とは
〈第1節〉物流の概念
〈第2節〉ロジスティクスの概念
〈第3節〉マテリアルハンドリングの概念
〈第4節〉物流と企業経営との係わり
 ①物流とMHシステム機器、②物流KPI、③物流ABC
〈第5節〉物流と行政との係わり
 ①物流施設の動向、②総合物流施策大綱(2017-2020)への期待、③グリーン物流、④ 流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律(物流総合効率化法)

第2章 物流センターの構築と運営
〈第1節〉物流センター構築ステップ
〈第2節〉計画コンセプト作り(構築ステップⅠ)
 ①問題の明確化、②投資予算の算定、③計画システムの基本構想
〈第3節〉プロジェクトマネジメント(構築ステップⅡ)
 ①プロジェクト組織作りと役割、②プロジェクトの活動
〈第4節〉基本条件と計画条件の設定(構築ステップⅢ)
 ①要求仕様分析、②計画条件の設定
〈第5節〉物流センターのプランニング(構築ステップⅣ)
 ①敷地内全体配置とモデルプランの検討、②システムの比較・検討・評価、③マスタープランの仕様の確定
〈第6節〉設計・施行管理(構築ステップⅤ)
 ①建築・物流システム機器設計との進め方、②施工管理
〈第7節〉運営のためのマニュアルの作成(構築ステップⅥ)
 ①運営マニュアル、②現場作業マニュアル、③オペレーションマニュアル
〈第8節〉物流センターの完成引渡し(構築ステップⅦ)
 ①試運転と能力テスト(総合テスト)、②引渡しのチェックポイント
〈第9節〉保全・保守(構築ステップⅧ)
 ①保全・保守の考え方、②ユーザと保守サービス委託会社の役割、③保守計画の立案と予算化、④リモートメンテナンス

第3章 物流センター計画条件設定の分析手法
〈第1節〉物流量分析
 ①物流センター計画における概念計画に関する分析手法、②物流センターの基本設計に関する分析手法
〈第2節〉作業分析
 ①機能分析、②運搬分析、③能力分析、④経済性評価分析

第4章 物流センター内の物流作業過程
〈第1節〉 入荷過程
 ①入荷荷姿、②入荷形態別作業
〈第2節〉入荷検品過程
 ①検品の種類、②検品の方法、③検品の形態、④検品のツール
〈第3節〉入庫過程
 ①入庫作業指示、②荷姿別入庫作業、③保管設備と入庫作業形態
〈第4節〉保管過程
 ①保管の概念、②在庫管理、③保管設備とその特徴、④保管方式の設定、⑤保管ロケーションとその特徴
〈第5節〉出庫過程
 ①荷姿別出庫作業、②ピッキング作業、③出庫作業形態と保管設備、④補充作業、⑤流通加工
〈第6節〉出荷検品過程
 ①検品の場面、②パレット、ケース検品、③ピース検品
〈第7節〉出荷過程
 ①出荷形態別作業、②出荷荷捌エリア、③出荷荷揃えシステムの変化
〈第8節〉回収物流の取組み
 ①センター内で発生するもの、②センター内で循環されるもの、③外部からセンターに返却されるもの
〈第9節〉物流センター事例
 ①㈱ランテック、②㈱山善、③㈱MonotaRO、④㈱ビームス、⑤三菱食品㈱

第5章 物流センターにおけるマテリアルハンドリング機器
〈第1節〉 マテリアルハンドリング(MH)機器
〈第2節〉 機能とMH機器
 ①「運ぶ」MH機器、②「仕分ける」MH機器、③「保管する」MH機器、④「集める」MH機器、⑤「掲げる」MH機器、⑥「まとめる」MH機器、⑦「識別する」技術、⑧現場で使用されるMH機器、装置

第6章 包装とユニットロード
〈第1節〉包装の基本・本質
 ①包装の位置付け、②包装の機能・役割・義務、③包装と他の物流機能との関係
〈第2節〉物流センターにおける包装
 ①包装の概念と種類(分類・形態・特徴など)、②物流センター内作業工程にみる包装関連作業、③包装資材の供給,廃棄について、④包装関連用語、⑤クレートの供給,センター内での取り扱いについて、⑥クレートの洗浄について(食品HACCPの順守)
〈第3節〉ユニットロード
 ①ユニットロードの本質・基本、②ユニットロードシステム、③包装・物流とユニットロード、④ユニットロードの応用、⑤ユニットロードシステムの展開、⑥クレートの規格化

第7章 物流管理システム
〈第1節〉倉庫管理システム(WMS;Warehouse Management System)
 ①WMSの目的と特徴、②WMSの機能構成、③WMSのハードウェア構成、④無線ハンディーターミナルの活用
〈第2節〉物流管理システムにおける基幹系システム
 ①受注処理システム、②発注処理システム、③在庫管理システム
〈第3節〉在庫管理とは
 ①在庫管理の重要性、②在庫の必要性、③在庫の種類、④在庫と棚卸資産
〈第4節〉在庫数量の基本的な考え方
 ①適正在庫とは、②在庫数量の決め方、③在庫回転率とは、④在庫数量決定の各種手法、⑤発注方式の種類と特徴
〈第5節〉棚卸
 ①棚卸とは、②実施棚卸とは

第8章 輸配送管理システム
〈第1節〉輸配送システム設計の考え方
〈第2節〉輸配送管理を支援する情報システム(Transport Management System)

第9章 物流センター建設及び活動関連の法規
〈第1節〉建築基準法
〈第2節〉消防法
〈第3節〉建設業法
 ①建設業法の対象となる工事、②建設業法の目的、③建設業の許可、④請負契約について、⑤工事現場に配置すべき技術者、⑥技術者の役割、⑦技術者の責任、⑧技術者資格の要件
〈第4節〉労務・調達関連法規
 ①労働基準法、②労働者派遣法、③下請代金支払遅延等防止法
〈第5節〉道路交通関連法規
 ①道路交通法、②道路運送車両法、③道路法(車両制限令)
〈第6節〉運輸・倉庫関連法規
 ①物流2法、②倉庫業法、③その他環境等関連法規

第10章 物流センター事例集
 ①㈱あらた、②北陸トラック運送㈱、③メディセオ、④㈱ムービング、⑤伊藤忠食品㈱
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。