[最新ニュース] 物流・生産拠点

ヤマト運輸、共同利用ロッカー活用で合弁会社設立へ

2016/02/01

ヤマト運輸(株)は1月28日、他の宅配事業者と共同利用できるオープン型宅配ロッカーの設置を目指すと発表した。フランスでGeopostと合弁会社「PackCity France」を運営し、同国内で250台のオープン型宅配ロッカーを運営するネオポストグループのネオポストのノウハウを活用。ヤマト運輸は同日付でネオポストと合弁会社設立で基本合意し、3月に設立する予定。出資比率はネオポストが51%、ヤマト運輸が49%。ネオポストはロッカー本体、ソフトウェア、ITインフラを提供する。

ヤマト運輸はドライバー不足、環境問題、約2割(国土交通省調べ)に達している宅配便の再配達など、社会的な課題解決には業界が一体になる必要があると判断。既に実施しているコンビニを活用した受け取場所の拡大に加え、高品質で利便性の高い新たな宅配ソリューションを構築していく。

なお、設置場所は駅など誰でも簡単にアクセスできる場所を想定している。

|↑一覧に戻る|